竹橋ゼミナール 写真

幼稚園教諭との違い

保育士がよく間違われやすいのが、幼稚園教諭です。幼稚園教諭と保育士はどちらも子供の面倒を見ることが仕事になりますが、細かな枝分かれが違います。そもそも保育士というのはあくまで働いたり病気であったりして子供の面倒を見られない親の代わりに、子供を預かって面倒を見るという制度です。だから国の中でも厚生労働省の管轄として扱われています。

一方で幼稚園は文科省に扱われている、いわば学校のようなところです。子供たちは幼稚園できちんと教育を受けることが目的とされており、幼稚園教諭は「先生」となるわけです。同じ子供を預かるということを目的にしていたとしても、幼稚園教諭と保育士では、そもそも子供への面倒の見方が違うのです。

保育園と幼稚園は一見すると同じように思えるかもしれません。子供を預けるという点では同じことでしょう。就学前の子供が通うところという意味でも同じですし、子供たちは保育園や幼稚園でレクリエーションを楽しみ、ときに学び、友達とコミュニケーションを取ります。しかし違うことは、教育の場であるか保育の場であるかということ。保育士と幼稚園教諭にはそのような違いがあるのです。一般的な考え方では同じと考えている人が多いですが、じつのところは違うというわけです。

Copyright©2017 保育士の仕事ってどんな仕事? All Rights Reserved.