竹橋ゼミナール 写真

保育士になる方法

保育士になるにはまず、保育士試験に合格して資格を得なければなりません。しかしそのためのルートは選択肢が多く、自分の好きな道を選んで勉強を進めることができます。たとえば、保育士試験を突破するには、保育士にまつわる科目をしっかり修得したという単位の証明が必要になりますが、これは大学でも、短大でも専門学校でもかまいません。とにかく厚生労働省が定めた単位を提供してくれるところで学びましょう。それ以外にも、直接国家試験を受ける方法もあります。国家試験を受ける場合は非常に難しいので、進学をしたほうが取りやすいといったところが現状です。

保育士試験自体は筆記と実技に分かれており、それぞれの試験で高得点を取る必要があります。試験はこれをクリアすれば資格を取ることができます。あとは募集している保育所や施設の面接を受けて、採用してもらえば保育士として活動することができるようになります。また、注目すべきはこの試験を突破するのに年齢制限がまったくないということです。今後保育士になってみたいけれど年齢がネックかもしれないと思っている人がいれば、ぜひこのことを教えてあげてください。保育士は子育て経験も大切ですから、子育てを卒業した主婦の方なども十分求められています。

Copyright©2017 保育士の仕事ってどんな仕事? All Rights Reserved.