竹橋ゼミナール 写真

保育士の仕事とは?

保育士の需要が叫ばれる昨今では、保育士になろうと努める方もおおくいらっしゃることでしょう。保育士になりたい理由はさまざまにあるでしょうが、子供が好き、面倒を見たい、子供の成長を近くで見ていたいというような理由が多いのかもしれません。そのイメージの通り、保育士の仕事は主に、保護者の代わりに子供の面倒を見て育てることが挙げられます。預けられる子供は0歳児から小学校に上がる前までが対象となり、彼らの食事や生活習慣の世話をすることが仕事になります。

しかしながら、ただ子供の面倒を見ていればよいというわけでもありません。子供の面倒を見るときは、成長中の子供であることからも分かるように、毎日の生活のなかで学ばなければならないものを教えたり、子供の成長を記録し、保護者に報告したりすることも仕事の一つとなっています。また、細かな事務作業や子どもの教育に使う教材の準備など、保育士の仕事は多岐にわたります。先生や保護者の方としっかりと連携を取り、子供たちが健やかな環境で育てるように努力することが大切なのです。

特に就学前の子供たちはまだ食事がままらなかったり、トイレトレーニングをしている途中であったりと、個人によって成長の度合いも違います。それに、子供たちは何でも触ったり口に入れたりしてしまいますから、そうした身のまわりのケアをしてあげることも大切になります。子供たちから目が離せない現場ですが、その分やりがいもあることでしょう。

Copyright©2017 保育士の仕事ってどんな仕事? All Rights Reserved.